寄付のお願い

税法上の優遇措置

(1) 個人寄附の場合

所得税について、いずれか一方を選択できます。
(確定申告の詳細については、お近くの税務署にお問い合わせ下さい。)

ア)所得控除

【所得金額 − (寄附額−2,000円)】× 所得税率 = 税額

※ 所得控除額(寄附額−2,000円)は、総所得金額等の40%相当額が限度。

イ)税額控除

所得金額 × 所得税率−【(寄附額−2,000円)×40%】= 税額

※ 税額控除額((寄附額−2,000円)×40%)は、所得税額の25%が限度。


(2) 法人寄附の場合

法人税について、法人が支出する寄附金は、その法人の資本金等の額、所得の金額に応じた一定の限度額までが損金に算入されます。
 このとき、公益法人に対する寄附については、一般寄附金の損金算入限度額 とは別に、別枠の損金算入限度額が設けられています。

A:(所得金額の6.25%+資本金額の0.375%)×1/2
B:(所得金額の2.5%+資本金額の0.25%)×1/4
A:公益法人への寄附金の特別損金算入限度額
B:一般寄附金の損金算入限度額(Aの限度額を超えた分を含む)